人類未踏の超高齢社会をデザインする

Value Creating Design Hub for Super-Ageing Societies

京都大学 超高齢社会デザイン価値創造ユニット

人類未踏の超高齢者社会をデザインするアライアンスInterdisciplinary Alliance for Designing Social System人類未踏の超高齢社会において、社会的に要望される、個々人がより活き活きと生活する地域づくりや、医療介護を含む健康・生活の支援システムの再構築に資することを目標とする。
各分野をリードする各研究者が協働し、あらゆるデータと情報を利活用し、他分野が垣根無く融合し、エビデンスの創出、その利活用、政策立案、社会実装に至るまでの一連の流れをスコープとする。

共同研究者・研究協力者

<共同チーム>

氏名(五十音順)所属役職
今中雄一医学研究科教授
内田由紀子こころの未来研究センター教授
岡田知弘経済学研究科名誉教授
鹿島久嗣情報学研究科知能情報学専攻教授
國澤進医学研究科准教授
桑島修一郎産官学連携本部国家プロジェクト部門長(特任教授)
後藤悦医学研究科特定助教
古村 典洋経済研究所附属先端政策分析研究センター准教授
佐々木典子医学研究科特定准教授
武地一藤田保健衛生大学教授(当ユニット特任教授)
田中将之日本医療経営機構主幹研究員(当ユニット特任講師)
中俊弥産官学連携本部京都大学パナソニック先進共同研究部門長(特定准教授)
原広司産官学連携本部京都大学パナソニック先進共同研究特定助教
邉見公雄全国自治体病院協議会名誉会長(当ユニット特任教授)
前田昌弘工学研究科建築学専攻/京都府立大学 大学院生命環境科前講師/准教授
山田文法学研究科教授
吉川正俊情報学研究科社会情報学専攻教授

<計画>

到達目標:コアグループの連携・協働基盤を強化する。成果を発展的に創出し、チームを拡充する。

<構想>

各分野をリードする各研究者が、自律的に、自由に連携しながら、日本学術振興会、科学技術振興機構、各省庁、その他の国内外のfunding agency等の研究費を獲得し、派生した研究を調和的に発展させる。派生的なプロジェクトがどんどん生まれていくことを大方針に、当融合チームプロジェクトは発展する。大プロジェクトで協働の核ともなる。

包括的アプローチをもって、国内のみならず各国・国際社会に貢献し、同様の課題を抱える多くの国々を支援する「世界のセンター機能」が、世界的なレピュテーションをもって確立されていることを目標とする。